後悔しない為に紹介予定派遣の仕組みをきちんと理解する

≪目次≫

紹介予定派遣とは?

まずは、「紹介予定派遣」の制度をしっかりと理解しましょう。

紹介予定派遣とは、派遣会社が企業へ直接雇用(正社員)の就職斡旋を行う行為です。
労働者の身分は、雇用開始時点では派遣社員。
ただし雇用主である企業は、「6カ月以内に正規採用の有無を伝えなければならない」という決まりがあります。

メリット

・雇用のミスマッチを防げる

正規採用される前に、派遣社員として実際の職場で働く事になるのが紹介予定派遣制度。
良い面も悪い面もリアルな職場実態を肌身で感じるでしょう。
もし、仕事内容や社風が合わなければ、こちらから入社を断ることも問題なく、経歴に傷が付くこともありません。
ですから入社前と後でミスマッチが起きる事は、ほぼないと考えて良いでしょう。
特に配属先の人間関係を把握できるのは大きなメリットです。

・派遣会社のコーディネーターを相談相手に出来る

企業選別~入社後のトラブルまで、全て派遣会社の担当者に相談する事が出来ます。
勤務先へ直接言い出しにくい条件面の見直しも、間に入って調整してくれるので頼りになります。

デメリット

・必ず正社員として採用されるわけではない

【紹介予定派遣=正社員確約】というわけではありません。
6カ月間紹介予定派遣として働いたけど、正社員になれなかったという人も大勢います。
また、直接雇用に切り替わったけれども、契約社員(昇給無し・ボーナス無し)にしかなれなかったケースもあります。
あくまでも労使双方の合意で正規雇用となるので、先方から断られる事も覚悟しておきましょう。

正社員になれなかった場合の対策

せっかくの制度を利用しても、残念ながら正社員になれなかった人の今後の対策をまとめてみます。

①自己反省&業務の振り返り

不採用になった人は、企業側の落ち度を一方的に指摘する人が多いですが、まずは自己反省をしてみましょう。

  • 正社員になるには何が足りなかったのか?
  • 契約時に決めた仕事内容を十分満たせたのか?
  • 職場の人達とのコミュニケーションは十分だったか?

②不採用に至った経緯の詳細を聞く

「駄目だったら次~。」と気持ちの切り替えも大事ですが・・・
この経験を次回に活かす為には、不採用の理由を徹底的にヒアリングしましょう。
2~3回の面接で合否が決まる通常の就職試験と違って、数カ月間働いた後の不合格。
それなので具体的な内容が聞けるはずです。
もし、抽象的な回答しか得られない場合は、派遣会社にクレームをつけて徹底的に聞き出しましょう。
派遣会社は派遣労働者に対して、不採用理由を書面で明示する義務があります。

③大手派遣会社を利用する

人手が集まらない企業と中小派遣会社が、紹介予定派遣制度を悪用しているケースがあります。
「6か月後に正社員採用」というエサで人を集めておきながら、過去何年も正社員を採用していないブラック体質な企業は要注意です。
大手派遣会社であれば、そのような悪質な手口を使う企業とは縁を切れます。
ただ経営母体が脆弱な中小派遣会社は、実態を理解していても取引を続けざるを得ないことがあるのです。

紹介予定派遣制度を積極推進している派遣会社リスト

  1. リクルートスタッフィング

    リクルートスタッフィング

    紹介予定派遣ならまずはココに最優先で登録すべき。
    人材業界最大手であるリクルートグループのネットワーク力を利用できるので、絶対に外せない一社です。

    派遣先にグローバル企業や金融系が多いのも特徴的。
    大手安定志向であれば本命となるでしょう。

  2. ランスタッド

    ランスタッド

    コーディネーターの対応力が高いと評判のランスタッド。

    「PCスキルを活かしたい」「語学力を活かしたい」といった曖昧な要望を伝えるだけでも、あなたの希望に応じた仕事を提案してくれます。

    紹介先はグローバル規模で活躍している企業が多いのが特徴。
    ランスタッドの紹介予定派遣は、超優良企業の正社員になる裏ルートとも言われています。

  3. テンプスタッフ

    テンプスタッフ

    研修制度や福利厚生が充実しているので、長く働ける派遣会社として有名です。

    大手なので全業種紹介可能ですが、広告代理店や出版関連には特に強いと評判です。

  4. スタッフサービス

    スタッフサービス

    首都圏だけでなく地方都市の案件も豊富なのが特徴のスタッフサービス。

    紹介予定派遣への対応も、業界でいち早く導入した派遣会社の一社で実績も豊富です。

最後に、良い就職先を決める為には、良きパートナーが必要です。
ですから、派遣会社は色々な所に登録して、直接話を聞いてみる事をおススメします。

ページの先頭へ戻る